/

ハイケムが殺菌ロボや検査キット 中国製輸入販売へ

化学品商社のハイケム(東京・中央)は25日、新型コロナウイルス対策として中国で販売されている製品の輸入販売に乗り出すと発表した。販売を目指すのは室内を殺菌するロボットと新型コロナウイルスへの感染を短時間で判定できる検査試薬キット。日本の法律や規制を踏まえ、早ければ9月にも売り出したい考えだ。

ハイケムが輸入販売をめざす殺菌ロボット

殺菌用ロボットは中国の新興ロボットメーカーが開発した。あらかじめ場所と時間を設定すると、自動でルートを設定。清掃者の感染リスクを低減できる。価格は非公開。感染拡大が始まった中国湖北省武漢市の病院などで導入実績がある。

検査試薬キットは2~10分で感染の有無を判定できる。日本で主流のPCR検査だと数時間を要するため検査時間を短縮できる。既に欧州など20カ国で販売されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン