コロナで実習生来ない、農水産業に労働力不足

新型コロナ
サービス・食品
北海道
2020/3/26 1:00
保存
共有
印刷
その他

北海道の食の現場では外国人技能実習生が活躍している(稚内市の水産加工会社)

北海道の食の現場では外国人技能実習生が活躍している(稚内市の水産加工会社)

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、農業や水産加工業の現場で人手不足が深刻化してきた。日本政府が中国などからの入国を事実上制限し、春から来日するはずだった外国人技能実習生の来日見通しが立たない。北海道では約8千人の実習生が食の現場を支えており、作業が本格化する春以降は作付け転換や減産といった具体的な影響が避けられない。

JA道北なよろ(名寄市)では中国各地から外国人技能実習生約50人を4月に受け入れ、カボチャの栽培農家などで7カ月間過ごす予定だった。政府が新型コロナの水際対策で中韓両国で発行したビザを一旦無効にしたため、来日のめどが立たなくなった。生産者はジャガイモなどの作付けを減らし、手間のかからない別の作物への転換を検討している。

JAふらの(富良野市)も中国から実習生ら約20人が来日し、4~6月に収穫期を迎えるアスパラガスの選果作業にあてる予定だった。収穫後の選果が滞れば、収穫したアスパラも出荷できなくなる。やむを得ず、農協職員を残業させて選果作業にあてることも検討している。

JA北海道中央会によると北海道は約1万人の外国人実習生を抱え、そのうち8割が農業や水産加工の現場を支えている。日本政府は中国や韓国、欧州、イランなどに滞在歴のある外国人は入国後に14日間の待機と公共交通機関を利用しないよう求めている。実習生の多いベトナムは感染者数は134人(24日時点)にとどまるが、タイなどの周辺国で患者が急増している。

紋別市では3月末に紋別国際交流協同組合(紋別市)を通じ、中国から約50人の実習生が水産加工会社で勤める予定だった。仮に入国制限が緩和されたとしても、現場の配属には最低でも1カ月かかる。受け入れを予定していた水産加工会社は「人手不足で出荷のピークというチャンスを逃すことになりそうだ」と肩を落とす。

陸別町で乳牛500頭を飼育する牧場では特定技能ビザでベトナム人1人を3月に迎え入れる予定だったが、延期を決めた。東南アジアでも新型コロナが広がっていることを踏まえ、万が一にも生産現場に感染が広がらないよう念には念を重ねた。

ビザの発給遅れに加え、実習生をとりまとめて送り出してきた海外の実働機関が休業していたり、相次ぐ国際線の運休で飛行機のチケットが取れなかったりする逆風もある。仮に入国できたとしても政府が要請している14日間の待機が続けば、実習にあてられる期間はその分減ってしまう。

外国人技能実習生は後継者不足の農家や水産加工の企業にとっては欠かせない労働力として現場を支えてきた。必要な労働力にメドが立たないまま、かき入れ時となる春の農繁期や漁期は刻一刻と迫っている。

(山中博文)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]