/

ペッパーが継続企業の前提に関する注記 新型コロナで売上減少

ステーキ店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは25日、2019年12月期の有価証券報告書に、投資家に注意を促す「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン)」を記載すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で3月以降の来店客数が減り、売上高も減少している。

ペッパーは13日に20年12月期の業績予想を未定にすると発表していた。いきなり!ステーキは既存店売上高の減少が続いており、19年12月期の連結最終損益は27億円の赤字だった。12月時点の自己資本比率は2%にまで低下していた。

同社は財務の立て直しに向けて1月に行使価格修正条項付きの新株予約権を発行した。ただ、株価は行使価格の下限となる666円を下回り続けており「現時点では当該新株予約権による資金調達は期待できない」としている。

ペッパー株の25日終値は前日比64円(13%)高の576円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン