パーソル系、オンライン集合研修を事業化へ 企業向けに

2020/3/25 18:51
保存
共有
印刷
その他

人材サービスのパーソルホールディングス(HD)子会社、パーソル総合研究所(東京・千代田)は4月から、オンライン上で集合研修を実施できる企業向けサービスを事業化する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、集合研修を中止する企業が相次いでいることに着目。オンラインで完結する工夫を凝らした。第1弾として新入社員向け研修を4月に提供する。

新入社員向けの研修プログラムでは、名刺交換や電話応対の作法など、基本的なビジネスマナーを中心に用意した。オンライン上に"教室"を用意。リアルタイムの動画配信などを通じて学ぶ。テキストを使った講師からの配信だけでなく、受講者どうしで会話やホワイトボードの共有もできる。

教材はパーソル総合研究所が作る。研修内容は顧客企業の要望に応じて調整できる。

1日かけて受講生が歩調を合わせて学ぶコースと、eラーニングで事前に予習してから3時間で学習の振り返りなどをするコースの2つを用意する。1日研修コースは7時間の研修で、価格の目安は1クラスあたり40万円。1クラスに20~30人の参加を想定する。事前学習コースは同35万円。

別の受講者の発言に対して「いいね」を送れる機能や、書き込みによる発言などで、意見交換をしやすい仕組みにした。今後は管理職向けや評価者向け研修サービスなどを提供する予定。

パーソルHD子会社のパーソルラーニング(東京・千代田)も24日、オンライン社員研修を企業向けに提供すると発表した。リアルタイムの動画配信による自己紹介などを通じて、受講者どうしでコミュニケーションしながら学べるのが特徴。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けたオンライン研修の需要をグループを挙げて取り込んでいく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]