パナソニック、中国で空調旗艦店続々 富裕層狙う

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
エレクトロニクス
住建・不動産
関西
2020/3/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックは中国で空調関連機器を販売するため、新たな旗艦店舗の開設を進める。2019年に5店舗設置し、20年にはさらに10店舗の開店を計画している。中国では健康がブームになっており、富裕層の需要開拓を狙う。購入後のメンテナンスまで一括でできる体制を築き、消費者の囲い込みを狙う。

昨年11月に広東省の深圳市に空調機器を取り扱う旗艦店を開設した。10月には江蘇省の蘇州市と陝西省の西安市、9月にも河…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]