東南アで巣ごもり消費 宅配サービス普及を後押し
タイのセブン、全土で展開

2020/3/25 17:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=村松洋兵】新型コロナウイルスの封じ込めで東南アジア各国が外出制限に踏み切るなか、料理宅配などの電子商取引(EC)向けビジネスを拡大する動きが相次いでいる。タイ財閥チャロン・ポカパン(CP)グループはコンビニエンスストアの宅配サービスをタイ全土に広げる。東南アジアは中国などに比べてECの活用が遅れていたが、普及が加速する可能性がある。

CPグループ傘下の小売り大手CPオールはタイで展開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]