/

新潟県、7億円を専決処分 新型コロナ対策で

新潟県は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急対策として7億3700万円の補正予算を専決処分で決めた。既決予算と合わせ、合計27億4600万円を新型コロナ対策に充てる。社会福祉施設で感染拡大を防止するための支援や、企業への資金繰り対策などに活用する。

感染拡大防止に向けては、社会福祉施設向けに県がマスクや消毒液などを一括購入。複数ベッドがある病室を個室に改修するために必要な経費も補助する。資金繰り対策では、特別融資の拡大などに既決予算の19億8700万円を充てる。

新潟県の花角英世知事は25日の定例会見で「企業が事業を継続できるよう支援に力を入れていく」と強調。今後は「終息の見通しが見えてきたタイミングで、消費喚起のための経済対策も打っていきたい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン