アレフに尊称の使用禁じる 麻原元死刑囚の長男

2020/3/25 16:55
保存
共有
印刷
その他

オウム真理教の教祖だった松本智津夫元死刑囚(麻原彰晃、執行時63)の長男(27)が、自身の誕生日を祝う宗教行事を拒否したのに強行されたとして、後継団体のアレフと幹部らに総額4千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、計100万円の支払いのほか「皇子」といった尊称や、長男の写真の使用差し止めを命じた。

アレフ側は「信者が神々に長男の教団復帰を懇願しただけだ」と主張したが、森田浩美裁判長は「催事の強行で、長男は神格化され利用されるとの不安感を抱いた。アレフと密接な関係にあるとの疑念を持たれ、平穏な生活の障害になりかねない」と退けた。

さらに「麻原元死刑囚が定めた『皇子』などの呼称を使うことは、長男を教祖と位置付けることと密接に結び付いており、人格権を侵害する」とも述べた。

判決によると、麻原元死刑囚は逮捕後、長男と次男を後継に指名。2人はアレフに入会しなかった。アレフは2014年、長男の誕生日に合わせて全国の道場で催事を開いた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]