旭化成、米で人工呼吸器25倍増産 新型コロナで不足懸念

2020/3/25 16:52
保存
共有
印刷
その他

旭化成は25日、米国の医療機器子会社を通じて人工呼吸器を増産すると発表した。早期に月産量を現状比25倍の1万台に増やす。米国では新型コロナウイルス感染者の拡大を受けて人工呼吸器が不足するとの懸念が広がっている。米政府の要請もあり、生産を増やして病院に迅速に届ける必要性が高いと判断した。

旭化成子会社が増産する人工呼吸器

医療機器子会社のゾール・メディカル(マサチューセッツ州)が生産する。地元部品メーカーに供給増を求め、必要量の調達にめどがついた。ゾールは自動体外式除細動器(AED)の生産ラインを一部人工呼吸器向けに転用する。

ゾールの人工呼吸器は携帯型で、集中治療室(ICU)や救急車両などで使われている。呼吸用の特殊フィルターがウイルスの拡散を防ぐため、治療する医療従事者などへの感染リスクを低減できる。米国のほか新型コロナの感染拡大が深刻な欧州などにも供給を検討している。

米政府は新型コロナの感染拡大で不足が予想される人工呼吸器の増産を促している。米食品医薬品局(FDA)は人工呼吸器の製造認可を緩和。これを受けて自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)が自社の物流や調達網を医療機器メーカーに提供して増産を支援するなどの取り組みが広がっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]