神奈川県、新型コロナ対応の重点医療機関を指定へ

新型コロナ
医療・健康
関東
神奈川
2020/3/25 16:41
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は25日、新型コロナウイルスの感染者に集中対応する「重点医療機関」を指定すると発表した。医療崩壊を防ぐため、病院間で医療を役割分担する。感染者が増大すれば、病床は最大で2500床程度確保する必要があるとみている。感染拡大が続けば、仮設の専門病棟を設けることも検討する。

神奈川県の黒岩祐治知事(左)は「県民の理解と協力が必要だ」と述べた(25日、県庁)

重点医療機関は対応可能な医療機関と相談しながら順次、早期に指定する。酸素投与などが必要な「中等症」の患者を受け入れる。指定された医療機関は新型コロナ以外の診療に影響が出るため、ほかの病気の患者は周辺の医療機関に受け入れてもらうなどして対応する。

重症者は救命救急センターなどで受け入れる。軽症者は自宅待機のほか、県が民間宿泊施設に受け入れの協力を仰ぐことも検討する。

重点医療機関の指定には地元住民から反対の声が出る可能性がある。黒岩祐治知事は25日の記者会見で「みなさんの理解と協力が必要だ」としたうえで「(県民らに)丁寧に説明し、県民総力戦で戦っていきたい」と述べた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]