/

神奈川県、迅速検出法で新型コロナ検査開始

PCR検査に加えて迅速検出法も使って検査可能件数を増やす(神奈川県茅ケ崎市の県衛生研究所)

神奈川県衛生研究所(神奈川県茅ケ崎市)で25日、新型コロナウイルスの感染の有無を素早く調べられる「迅速検出法」の運用が始まった。現在主流の「PCR検査」は解析に数時間かかるが、迅速検出法は10~30分程度で済む。県によると、同研究所の1日あたりの検査可能件数は従来の倍にあたる100件超になるという。

検査精度はPCR検査と同水準だという。神奈川県の黒岩祐治知事は25日の記者会見で「コロナとの戦いに大きな力になることを期待したい」と述べた。

県によると「(他地域の)衛生研究所とも順次話し合いを進めており、実施の準備が進んでいる」という。迅速検出法に使う試薬はベンチャーのダナフォーム(横浜市)が販売する。

迅速検出法は2月下旬に県衛生研究所と理化学研究所が開発した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン