舘暲・東京大学名誉教授「2050年ごろには社会に定着」

吉川 和輝
編集委員
2020/3/29 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■舘暲・東京大学名誉教授「2050年ごろには社会に定着」

アバターロボットは今後どのような形で広がるのか。本格的な普及に向けた課題は何か。アバターロボットの原型となるテレイグジスタンス(遠隔存在)の概念を1980年代に初めて提唱し、様々なアバタータイプのロボットを研究してきた舘暲・東京大学名誉教授に聞きました。

――日本でのアバターロボットの普及の様子をどう見ていますか。

「アバターロボットを手が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]