東急リバブル、個人の不動産売買もキャッシュレスで

2020/3/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東急リバブルは不動産の売買代金や手数料の支払いでキャッシュレスサービスを導入する。仲介する個人間の売買契約で買い主が支払う手付金や残金、各種手数料などを信託口座への振り込みに対応できるようにする。買い主や売り主の現金の紛失リスクを減らすほか、現金の引き出しなどの手続きを短縮する。既に都内の一部の店舗でキャッシュレス化の対応を進め、10月までに全国に広げる。

東急リバブルは金融機関向け事務代行のエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]