/

この記事は会員限定です

三井製糖と大日本明治が統合へ 新会社が日甜に出資も

(更新) [有料会員限定]

製糖最大手の三井製糖三菱商事子会社の大日本明治製糖は25日、経営統合に向けて協議に入ると発表した。2021年4月に統合した上で、新会社が同業の日本甜菜製糖にも出資し、大手3社連合を形成する。健康志向と人口減で砂糖消費量が減り続けるなか、中堅企業がひしめく製糖業界は過当競争にあり、連携して生き残りをめざす。

三井製糖は東京証券取引所1部上場で、三井物産が約30%出資する。2019年3月期の連結売上高は前の期比で横ばいの1052億円。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン