/

この記事は会員限定です

上場監査、担い手リストを作成へ 金融庁が改革案

[有料会員限定]

金融庁は新規株式公開(IPO)をめざす企業が会計監査を受けやすい環境を整えるための改革案をまとめた。大手監査法人の人手不足などで上場監査が滞っている問題を受け、新たな担い手となる中小監査法人のリストを年内にも作成する。証券会社とも連携し、成長性のある企業のIPOを支援する。

金融庁は日本公認会計士協会や証券会社などと上場監査の環境整備に乗り出すことを申し合わせた。近く報告書として公表する。

IPO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン