/

この記事は会員限定です

会場借り換えや人件費…五輪延期費用3000億円規模

組織委が試算

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で約1年の延期となった東京五輪・パラリンピックの追加費用について、大会組織委員会や国際オリンピック委員会(IOC)が現時点で、最大3千億円程度と試算していることが25日、大会関係者への取材で分かった。競技会場の借り換え費用や組織委職員の人件費などの追加分を見込んだもので、今後確定に向けて作業を急ぐ。

東京五輪・パラリンピックの開催経費について、東京都と組織委は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン