尼崎脱線事故の慰霊式中止 JR西、新型コロナ拡大受け

2020/3/25 10:20
保存
共有
印刷
その他

JR西日本は25日、兵庫県尼崎市で4月25日に開く予定だったJR福知山線脱線事故の追悼慰霊式を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置。2020年は事故発生から15年で、追悼慰霊式が中止となるのは初めて。

事故現場に整備した「祈りの杜」は開放する。慰霊に訪れる遺族や被害者のほか、一般市民の出入りもできる。人の密集を避けるため記帳台の設置や、JR尼崎駅との間で往復予定だったシャトルバスの運行は取りやめる。

同社の担当者は「大規模イベントが中止となる中、主催者として安全を最優先した。遺族の方々には申し訳ない」と話した。

事故では乗客106人と運転士が死亡し、562人が重軽傷を負った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]