/

五輪延期、トランプ氏「賢明な決定」 日米首脳電話協議

(更新)

安倍晋三首相は25日、トランプ米大統領と電話で約40分間、協議した。今夏に予定していた東京五輪・パラリンピックを1年程度延期することを巡り、トランプ氏は「大変賢明ですばらしい決定だ」と語った。両首脳は東京で完全な形で実施するため緊密に連携すると確認した。

電話協議後、菅義偉官房長官が記者会見で明らかにした。日本政府の説明によると、トランプ氏は首相の立場を「100%支持する」と語った。新型コロナウイルスの感染拡大を巡っては、治療薬開発の情報共有や協力などを進めることを確認した。

首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と東京五輪を1年程度延期する方針で合意した。直後にトランプ氏に説明して協力を取り付ける狙いがあった。

日米に加え、中国やロシアなどを含む20カ国・地域(G20)の首脳は26日夜に電話協議する方向だ。首相は協議の場でも五輪の1年程度延期について協力を求めるとみられる。オーストラリアのモリソン首相とも25日、電話協議した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン