/

IOC会長「人間の命が重要」、東京五輪の1年延期承認

【ジュネーブ=細川倫太郎】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日、電話記者会見を開き、「人間の命を守ることが重要だ」と述べ、東京五輪の予定通りの開催は不可能になったとの認識を示した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同日開いたIOCの臨時理事会は大会を1年程度延期し、遅くとも2021年夏までに開催することを正式に承認した。

IOCのバッハ会長=ロイター

各国メディアがバッハ会長の発言を伝えた。臨時理事会に先立ち、安倍晋三首相とバッハ会長が電話会談し、延期の方針を確認した。五輪は過去に戦争で中止になったことはあるが、延期は史上初めて。バッハ会長は五輪にとって前例のない試練とした上で、「東京五輪は新型コロナへの勝利の祝いになる。五輪の聖火は暗いトンネルの終わりのともしびになる」などと話した。

IOCは今後、大会組織委員会などと協議し、新たな開催日程の詳細を詰める。延期に伴い競技会場やボランティアの再確保、他のスポーツイベントとの日程調整など膨大な作業が発生する。経費がどれくらい増加するかも不安材料だが、バッハ会長は安倍首相との電話会談でコスト負担についての議論はしなかったと話した。

新型コロナの感染者は世界で40万人を突破し、ほぼすべての国で感染が確認された。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は23日、「パンデミック(世界的な大流行)が加速している」と話した。IOCはWHOのこの警告が延期の判断になったとしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン