世界で40万人突破、新型コロナ感染者 病床不足も深刻

新型コロナ
医療・健康
2020/3/25 2:46 (2020/3/25 7:42更新)
保存
共有
印刷
その他

ニューヨークは外出規制により、街から人が消えた=ロイター

ニューヨークは外出規制により、街から人が消えた=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】世界で新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が加速している。米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、全世界の感染者数は米東部時間24日(日本時間25日)に40万人を超えた。3日間で10万人増えるなど、急ピッチで感染が拡大。病院のスタッフや病床の不足が深刻で、各国は外出禁止などの措置を強化している。

特に、米国での感染拡大が著しい。米東部時間24日午後5時(日本時間25日午前6時)時点で、米国の感染者数は5万3268人となった。米国内では少なくとも17の州や14の地域が外出規制を発表しており、合計1億6300万人が対象になっている。

感染者数が米国最多のニューヨーク州では、一部を除く全事業者に在宅勤務を命じて封じ込めを目指すが、感染拡大に歯止めがかからない。州内の感染者数は2万5000人を超え、3日ごとに倍増するペースで増えている。検査件数の増加も著しく、23日は1万3000件に迫った。

病床は不足する。クオモ・ニューヨーク州知事は24日の記者会見で「2~3週間後に迎えるであろう感染者数のピークに備え、病床と人工呼吸器の不足を解消することが急務」と訴えた。

ニューヨーク州の病床は現状5万3000床だが、ピークに備えて14万床確保する必要がある。ホテルなどを活用できないか、関係者と協議中だ。人工呼吸器は7000台を確保するが、必要なのは3万台だという。

欧州でも病院スタッフ不足への対応に追われている。全土での自宅待機に踏み切った英国は24日、医療サービスに従事するボランティアを25万人規模で募集。合計4000人規模を収容できる一時的な病院を開くことも発表した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]