米大統領、韓国に医療支援を要請

2020/3/25 1:25
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、感染拡大が続く新型コロナウイルスへの対応を巡り電話で約20分間協議した。韓国側の説明によると、トランプ氏が医療装備の支援を要請し、文氏は「国内の余裕分を最大限支援する」と応じた。感染者が急増する米国では人工呼吸器など医療機器の不足が懸念されている。

2019年9月に会談したトランプ米大統領(右)と韓国の文在寅大統領=AP

トランプ氏は韓国の医療支援を巡り24日中にも米食品医薬品局(FDA)の承認を得る考えを示し、韓国の新型コロナ対応を「とてもうまくやっている」と評価した。両首脳は東京五輪の延期問題についても意見を交わしたが、韓国政府は内容を明らかにしなかった。

26日夜には新興国を含む20カ国・地域(G20)の首脳による電話協議が予定されている。文氏は「世界経済への影響を最小化できるよう、貿易の活性化や企業活動の保障といった国際協力について協議したい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]