セコム社長「コロナに揺れず警備を進化」

2020/3/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で世界が揺れている。その影響は巡回警備やスポーツイベントの保安などを手掛ける警備業界にも及ぶ。人手不足の中、暮らしの安全安心をどう守るのか。セキュリティー技術をどう進化させるのか。前回の東京五輪の警備を機に成長をとげたセコムの尾関一郎社長(59)に聞いた。

■バックアップ体制を整備

――新型コロナによる不安拡大が収まりません。警備事業への影響は。

「我々の事業は全国で展…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]