将棋の藤井七段、3年連続勝率8割 羽生九段を抜き初

囲碁・将棋
2020/3/24 21:01
保存
共有
印刷
その他

将棋の藤井聡太七段(17)は24日、大阪市の関西将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組で稲葉陽八段(31)を破り、2019年度は1局を残して勝率8割1分3厘(52勝12敗)とし、将棋大賞の勝率部門では羽生善治九段(49)の2年連続を抜いて、初めて3年連続8割以上になることが決まった。

1974年から始まった将棋大賞記録部門の勝率1位賞で、8割以上は羽生九段の通算3回が最多。藤井七段は、この記録にも並んだ。日本将棋連盟によると、最高勝率(8割5分5厘=47勝8敗)の記録を持つ中原誠十六世名人(72)は、将棋大賞制定前の66、67年度に8割を上回った。

新たな記録を作った高校生プロは「一局一局、全力を尽くした結果で良かった」と話した。

王位リーグは12人が紅白に分かれて戦い、優勝者同士で挑戦者決定戦を行う。藤井七段は3戦目を終えて通算成績を3勝0敗とした。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]