税圧縮しながら芸術家支援 減価償却の対象拡大
公認会計士 山内真理氏

ビジネス
2020/3/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業が「買う」ことで現代アートを取り込むなら「減価償却」制度を効果的に活用するとよい。「減価償却」とは固定資産の取得価額を費用化するためのルールだが、2015年に法人税基本通達が改正され、美術品に関する減価償却の対象範囲が広がった。

もともと美術品は減価償却できない資産とされ、美術年鑑などに載っていない作家の作品で1点20万円未満のもの(絵画なら号あたり2万円未満)のもののみが例外的に減価償却で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ウェブ講座「現代アートとビジネス」

電子版トップ



[PR]