日本酒「加賀鳶」の新商品 福光屋、価格手ごろに

2020/3/24 19:45
保存
共有
印刷
その他

酒造会社の福光屋(金沢市)は主力の日本酒「加賀鳶(かがとび)」から価格を抑えた新シリーズを発売した。化学肥料を使わず農薬も大幅に抑えた酒造好適米を使用した。全国のスーパーや酒販店で販売し、日本酒初心者やインバウンド(訪日外国人)、飲食店などの業務用市場を開拓する。

軽い飲み口が特徴だ

新たに発売した「梅吉」シリーズの希望小売価格は加賀鳶の中で最安値となる720ミリリットル、1000円(税別)以下に設定した。

「加賀鳶 梅吉 純米吟醸」はすっきりとした後味が特徴で、甘エビや白身魚などの魚料理に合うという。希望小売価格は720ミリリットルで998円(税別)とする。

「加賀鳶 梅吉 純米」は軽やかなうまみが特徴で焼き魚や焼き肉などの料理に合うとしている。希望小売価格は720ミリリットルで950円(税別)。

江戸時代に始まった消防隊、加賀鳶を題材にした歌舞伎の演目の主人公「梅吉」をラベルにデザインした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]