前法相の関与有無焦点 検察、選挙の全容解明へ

社会・くらし
2020/3/24 19:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年7月の参院選を巡る公職選挙法違反(運動員買収)罪で、自民党の河井案里参院議員の秘書ら2人が起訴された。選挙運動は夫の克行前法相が全面的に支援したとされ、今後の捜査は克行氏が選挙違反に関与したか否かが焦点の一つになる。検察当局は党本部が参院選前、2人がそれぞれ代表を務める党支部に入金した計1億5千万円の使途の解明も進めるとみられる。

起訴された立道浩被告や報酬を受け取った車上運動員は事実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]