6/2 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: メルカリ、「巣ごもり特需」でも遠い米事業黒字化[有料会員限定]
  2. 2位: NYダウ続落で始まる 抗議デモ拡大、経済再開に不透明感
  3. 3位: コロナ債、世界で13兆円規模 10カ国が国債で費用調達[有料会員限定]
  4. 4位: 米ギリアドの「レムデシビル」 治験の効果、限定的
  5. 5位: 「安心買い」集まる東京市場、年初来高値のオプション取引も[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,987,661億円
  • 東証2部 65,047億円
  • ジャスダック 91,764億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率18.77倍24.69倍
株式益回り5.32%4.04%
配当利回り2.05% 1.27%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,062.39 +184.50
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,120 +310

[PR]

国内株概況

(銘柄診断)ミクシィ、一時16%高 上方修正を好感

2020/3/24 22:45
保存
共有
印刷
その他

24日の東京株式市場でミクシィの株価が急騰した。前日比237円(16%)高の1678円まで一時上昇した。前日の取引終了後に2020年3月期の連結業績見通しを引き上げたことが買い手掛かり。機関投資家らの買いが膨らんだ。

株価は午後にかけて上げ幅を広げ、終値は218円(15%)高の1659円。25日移動平均線(1683円)が上値のめどと意識された。売買代金は前日の2倍となった。

20年3月期の連結純利益はこれまでの予想を55億円上回り、前期比64%減の95億円になる見込み。主力のスマートフォン向けゲーム「モンスターストライク(モンスト)」の中で2月から3月に開いた、「鬼滅の刃」など人気漫画が登場するイベントが想定より好調だった。新型コロナウイルスの感染が広がる中で2月以降は、投資リスクを減らす売りが優勢だったが、ゲームは消費手控えの影響を受けにくいのも買い安心感につながったようだ。

ただスマホゲーム市場全体が伸び悩んでおり、同社は売上高の9割程度がモンストに関係している。コスト削減などでは及ばず、連結業績は4年連続で減収減益にとどまる見込み。長い目線で見ると株価は17年6月以降、下げ基調だ。「他のヒット作品がでるまで株価の本格回復は難しい」(エース経済研究所の安田秀樹氏)との声もあった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム