スターフライヤー、4月も台北線運休

2020/3/24 19:04
保存
共有
印刷
その他

スターフライヤーは24日、北九州と名古屋(中部)で発着している台北(桃園)線を4月も運休すると発表した。新型コロナウイルスの影響で、台湾が日本からの渡航者に14日間の在宅検疫を求めるなど需要が見込めないため。台北線は3月11日から運休している。

国内線は既に2割弱を減便している。運休や減便に伴う客室乗務員の一時帰休は現時点で実施していないとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]