/

加戸守行氏が死去 元愛媛県知事

加戸 守行氏(かと・もりゆき=元愛媛県知事)3月21日、骨髄異形成症候群のため死去、85歳。連絡先は県企画振興部。告別式は近親者で行った。

文部省(現文部科学省)官房長などを経て1999年の知事選で初当選。3期務めた。学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、2017年7月に国会に参考人招致された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン