/

ドワンゴ、在宅勤務を5月6日まで延長

ドワンゴは24日、3月末までとしていた全従業員約1000人を対象とした在宅勤務を5月6日まで継続すると発表した。国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることを受けた措置。従業員に対して実施している、在宅勤務や子供の休校に関する手当も継続する。

同社は2月17日から来客など業務上、出社がやむを得ない場合を除き、自宅での業務を求めている。在宅勤務の期間は3月31日までだったが、国内での感染が広がっていることから、5月6日までの延長を決めた。

在宅勤務の従業員に対する手当の支給も続ける。「電気代・通信費等手当」として毎週551円、小中高校の子供を扶養している従業員には休校手当として毎週551円を支給する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン