/

ヤマダ電機、注文住宅メーカーのレオハウスを買収

ヤマダ電機は24日、注文住宅事業のレオハウス(東京・新宿)を子会社化すると発表した。ヤマダがレオハウス株の100%を親会社のナックから買い取ることで、ナックと基本合意した。取得額は譲渡契約を結ぶ4月中旬までに詰める。ヤマダは家電や住宅、家具などをそろえる店を増やしており「相乗効果が高いと判断した」という。

ヤマダは5月中旬に買収を完了させる予定。レオハウスの2019年3月期の売上高は344億円、営業損益は6億円の赤字、純損益は7億円の赤字だった。同社の純損益は18年3月期も21億円の赤字、17年も4億円の赤字だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン