インターネット通信網に米中対立の影
客員論説委員 土屋大洋

中外時評
2020/3/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2012年11月、ソフトバンクが米携帯通信サービスのスプリントを買収しようとしていた折、「チーム・テレコム」の名前が日本経済新聞で報じられた。「にぎわした」と言えるほどではなく、多くの人々は特に問題視しなかっただろう。

当時の米国の報道では、米政府内で国家安全保障を懸念する担当者がソフトバンクと合意を交わし、スプリントがどのような機材やシステムを使うのかを監視できるようにするとされた。中国製、特…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]