[FT]FRBが社債購入すべき理由

ジリアン・テット
FT
FT commentators
2020/3/25 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トイレットペーパーと米国債を通常なら同じ次元で語ることはない。だが、今はまさに同レベルで考えるべきだ。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、先進国では人々がトイレットペーパーに殺到し、ときに常軌を逸した買いだめをしている。一方で、あまり報道されていないが、投資家も同じような行動に走っている。どちらのケースも、政策当局が取り組むべき共通の課題を浮き彫りにしている。とにかく何とかして、これらの衝動的…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ジリアン・テット

FT commentators

米国版エディター・アット・ラージ

Gillian Tett 英国生まれ。93年FT入社、ソ連崩壊時に中央アジア諸国を取材、97~2003年東京支局長を経て現在、FT米国版編集長。2008年にBritish Business Journalist of the Yearを受賞。2009年には「愚者の黄金 大暴走を生んだ金融技術」で英Financial Book of the Yearを受賞。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]