/

静岡知事、有識者委員公募は「国への提案」 リニア問題

静岡県の川勝平太知事は24日、リニア中央新幹線の静岡工区ついて話し合う有識者会議の委員選定を巡って、県による委員候補の公募は「国土交通省の(委員選定の)主体性を奪うのではなく提案するもの。変えろということではない」との認識を示した。

国交省は県の公募について「大変驚いている」と懸念を示していたが、川勝知事は「こちらも大変驚いて困惑している」と反論した。

国交省は同省が新設する有識者会議の人選案を3月6日に提示。これに対し県は、生物多様性の専門家がいないことや中立性に疑義があるとして難色を示し、公募に踏み切った。県の公募には現在4人が応募。川勝知事は「これから県の専門家からの推薦が出てくると思う」と述べた。県は4月に委員候補を提示する方針。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン