/

この記事は会員限定です

浜松の本多産業、特産の三ケ日みかんを餌にアユ養殖

現場から地方創生

[有料会員限定]

アユの養殖業を営む本多産業(浜松市)は地域の産物を使った珍しいアユの生産を通じて地域創生に取り組んでいる。北区三ケ日町で栽培されるブランドみかん「三ケ日みかん」を餌に混ぜて一定期間与え、ほんのりとみかんの香りのするアユを作り上げた。養殖業者が減っていくなか、新しいブランドアユを生み出し、地域と養殖業を活性化する考えだ。

開発したのは「三ケ日みかん鮎」。1匹80~90グラムほどで、口に入れるとほのか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン