就活ルール「24年卒から見直しを」 経団連など要望

2020/3/24 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2024年春に卒業予定の学生(今春の大学新入生)の就職活動について、経団連などは面接解禁は6月とするなどの現行ルールの見直しを政府に要望する。外国人留学生ら学生の多様化で、中期的に通年採用が広がり、職務を明確にして働く「ジョブ型」社員も増えていくと想定。雇用の脱一律に合わせて、企業が柔軟に採用活動できるようにすべきだと訴える。

経団連と大学側でつくる産学協議会が31日にまとめる報告書に盛り込む。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]