/

この記事は会員限定です

日本型雇用、改革の行方(7) 成果主義導入の教訓

日本総合研究所副理事長 山田久

[有料会員限定]

経営環境が激変するなか、日本企業でも様々な改革が進みつつあります。有能な人材が的確なリーダーシップで事業変革を成し遂げることが、グローバル競争を勝ち抜く条件です。そのため、人材を選抜し重点育成する「タレント・マネジメント」と呼ばれるプログラムが大手企業の間に広がっています。新規事業をスピーディーに立ち上げるため中途採用を増やしたり、優秀な人材確保のために既存制度とは別枠で処遇したりする例もみられま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン