楽天モバイルとNEC、5G用無線機の量産を開始

2020/3/24 15:41
保存
共有
印刷
その他

楽天モバイルとNECは24日、共同開発を進めていた次世代通信規格「5G」用基地局に使う無線機の量産を始めたと発表した。NECの福島県の工場で生産を始め、1号機の出荷を完了した。NECは5G用の無線機の生産などを担う。楽天が6月に予定している5Gサービスの開始に向けて、両社は基地局の整備を進める。

NECが量産を始めた5G用の無線機。楽天は東京都内から基地局の整備を進める

NECプラットフォームズ福島事業所(福島市)で5G用無線機の量産を始めた。NECの無線機は小型、省電力で安定性の高さが特徴だ。生産数は非公表。NECは今後、楽天モバイルからの受注数に合わせて生産能力を拡充する見込み。

楽天は「仮想化」と呼ぶ新技術を使った通信ネットワークを実用化し、6月から5Gサービスを開始する予定だ。両社は東京都内から基地局を設置し、5Gネットワークの構築を進める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]