/

この記事は会員限定です

2600億円日本ファンド 米カーライル、事業再編にらむ

[有料会員限定]

米大手投資ファンド、カーライル・グループは日本企業に投資するファンドを近く設立する。海外の年金や国内の生損保から2580億円を集め、日本特化型では過去最大規模。日本企業は非中核企業の売却を加速させており、その受け皿を目指す。新型コロナウイルスの感染拡大は企業の増資や事業売却を増やす可能性があるとみる。

借入金を考慮した投資余力は約5000億円と大きく、大手企業も投資の対象とする。コールバーグ・クラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン