/

この記事は会員限定です

電子看板で交通広告拡大 タクシーや鉄道、10年比7%増

[有料会員限定]

交通機関に設置された電子看板などを使う広告が増えている。電通によると2019年の交通広告費は2062億円で、10年に比べ7%増えた。タクシーや鉄道で電子看板の設置が進み、法人向けサービスを手掛ける新興企業などの利用が増えた。次世代移動サービス「MaaS(マース)」が普及すれば存在感がいっそう高まりそうだ。

「早く言ってよ~」のフレーズで知られる名刺管理のSansanのCM。最新作は1分間の本編CMをタクシーの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン