/

この記事は会員限定です

児玉源太郎の爪の垢 ノンフィクション作家 堀川惠子

[有料会員限定]

年に数回、陸軍史の勉強会に参加している。次回は「児玉源太郎」をテーマにするとの連絡があった。知名度はそう高くもないが、児玉は明治を代表する武人。そう、軍人より武人という響きをまとう人物だ。関連文献を読みながら、改めてその足跡に感じ入った。

出身は長州。幼くして父を亡くし、貧困の中で育つ。学歴も留学経験もなく、エリートではない。だが鳥羽伏見の戦いから始まる内戦で頭角を現し、やがて陸軍の三俊(児玉、川...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン