利下げを捨てた欧州中銀 金融緩和に2つの限界

2020/3/24 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州中央銀行(ECB)が12日に開いた理事会後の記者会見は、新型コロナウイルスの影響で空席が目立った。ロックスターと呼ばれるラガルド氏もそれで調子が狂ったのかもしれない。イタリア国債などのスプレッド(上乗せ金利)拡大への対応を問われ、「スプレッドを縮小するためにここにいるのではない」と口を滑らした。

スプレッドを抑えるのは財政を担う政府の役割というのは正論だが、危機下での発言には注意が欠かせない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]