/

この記事は会員限定です

あきざくらの山村代表、たんすの着物 鮮やかな日傘に

女性起業家 市場を拓く(3)

[有料会員限定]

東京・新宿で開いた中堅アパレルによるファッションショー。新作の服に身を包んだ女性モデルが絹の生地に鮮やかな花柄や渦巻き模様を施した日傘を手に、にこやかな表情で現れた。

日傘は、あきざくら(東京・大田)が女性向けの着物の生地を利用してつくっている。所有者から依頼を受けて着物を預かり、傘職人に製造を委託、完成後に所有者に引き渡す。国内では数少なくなった職人が国産の部材にこだわって手作りしているのも特徴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン