/

この記事は会員限定です

帰国者に「陰性証明」医療に負担 専門家「自宅待機を」

[有料会員限定]

海外からの帰国者が新型コロナウイルスの専門の医療機関で検査を求める事例が後を絶たない。所属する企業から出社前に「陰性証明」を求められているためだ。2009年の新型インフルエンザ流行時は同様の患者が医療機関に殺到し、混乱が起きた。ウイルス検査の限界を知ることや自宅での療養方法を学ぶことが重要だ。

「会社に陰性証明をもらってこいと言われました」。関東圏のある医療機関の受付には1日数十件、電話での問い合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン