新型コロナで出版市況に変化、学習ドリル・マンガ伸びる

消費を斬る
日経MJ
2020/3/24 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う小学校などの臨時休校を受けて、紙の出版物や電子書籍の売れ行きに変化が出ている。書店では小学校向けの学習ドリルなど参考書が大きく伸びているほか、電子書籍では絵本やマンガなどを中心に利用者が増えている。巣ごもり消費が広がる中、出版物を活用して余暇を過ごす消費者が目立ってきた。

「2月下旬から学習参考書の売れ筋はそれまで中心だった大学入試関連から小学生向けのドリルに一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]