流出HDDの窃盗認める 元社員、神奈川県文書

社会・くらし
2020/3/24 11:05
保存
共有
印刷
その他

神奈川県の行政文書を保存したハードディスクドライブ(HDD)がインターネットオークションを通じて流出した事件で、窃盗罪に問われた情報機器会社「ブロードリンク」の元社員、高橋雄一被告(51)=横浜市=は24日、東京地裁の公判で流出分の18個を含む24個のHDDを盗んだとする追起訴内容を認めた。

検察側は冒頭陳述で「売却目的で犯行に及び、オークションサイトで利益を得た」と指摘。さらに追起訴予定があるとしている。高橋被告は2月に開かれた初公判で、これとは別の12個を職場から盗んだとされる起訴内容を認めている。

被告は、昨年6月6日から12月3日にかけ、東京都大田区にある同社施設から、計36個(計7万2千円相当)のHDDを盗んだとして起訴、追起訴された。

神奈川県によると、18個は昨年末までに全て回収し、情報流出は確認されていない。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]