/

平日昼のネット通信量2割増 コロナ対策のテレワークで

高市早苗総務相は24日の閣議後の記者会見で、国内の平日昼間のインターネット通信量が2月下旬と比べて2割程度増えていると明らかにした。「新型コロナウイルス感染症対策で在宅時間が増え、テレワークや学習、余暇のための利用が増えた」と説明した。平日夜間や休日の通信量に大きな変化はない。現時点で通信障害などが起きる心配はないと述べたうえで「インターネットの安定的な運用を確保する観点から動向を引き続き注視する」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン