/

トランプ氏、経済正常化「数カ月かからず」

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は23日、新型コロナウイルスの感染拡大で停滞している米国の経済活動について「(再開まで)数カ月かかるとは考えていない」と述べ、楽観的な見方を示した。今月末まで外食を自粛するなど国民に厳しい行動制限を求めているが「雇用も考えないといけない」と強調し、米経済の早期正常化に意欲を表した。

ホワイトハウスで開いた記者会見で「米国は近いうちに再開する」と述べた。具体的な根拠は示していない。実際に経済活動の再開を促すかどうかは、医療の専門家らも参加する政権の対策本部のメンバーが議論して決めることになる。

トランプ氏は新型コロナの感染拡大を抑えるために「15日間の行動指針」を設け、10人超の集まりを避けるよう国民に呼びかけている。月末の期限に合わせて「どう再開するか決める」と指摘し、指針を見直すか延長するか判断するとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン