国連総長「即時に停戦を」 コロナ拡大で呼びかけ

新型コロナ
中東・アフリカ
北米
2020/3/24 3:26
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=吉田圭織】国連のグテレス事務総長は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「世界中に即時の停戦を求める」と呼びかけた。紛争地域の住民や難民が特に感染しやすい立場に置かれていることに危機感を示した。国連として20億ドル(約2200億円)の人道支援を加盟国に要請することを発表した。

国連のグテレス事務総長=ロイター

グテレス氏の停戦呼びかけは、内戦状態が続くシリア、リビアやイエメンなどを念頭に置いているとみられる。シリアでの新型コロナ感染者は1人のみだが、米ジョンズ・ホプキンス大学によると米東部時間23日午後2時(日本時間24日午前3時)時点では隣国のレバノンで267人、イラクでは266人の感染者が確認されるなど、さらなる状況の悪化が懸念されている。「医療や保健の専門家らが既に攻撃対象になっている」(グテレス氏)として、感染防止の体制確立のために停戦が不可欠だと強調した。

既に国連は新型コロナの研究などのために1500万ドルを拠出した。世界中で感染拡大が止まらないなか、発展途上国でも徐々に広がっている。人道支援を必要とする国での感染増に備え、支援の要請に至った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]