独仏など「渡航中止勧告」 新型コロナ巡り外務省

政治
ヨーロッパ
中東・アフリカ
2020/3/23 23:19
保存
共有
印刷
その他

外務省は23日、新型コロナウイルスの感染症危険情報について、新たにドイツやフランスなど欧州15カ国を渡航中止を勧告するレベル3の対象に加えた。イタリア、スイス、スペインとイランは一部地域に出していたレベル3を全土に広げた。それぞれ不要不急の渡航中止を促すレベル2から引き上げた。

欧州では独仏以外にエストニア、オーストリア、オランダ、スロベニア、デンマーク、ノルウェー、ベルギー、ルクセンブルクなどに新たにレベル3を発出した。英国やアイルランドなど欧州16カ国はレベル2を継続する。

外務省は在留邦人や渡航者に「感染がさらに拡大する可能性があるので、最新情報を入手し、感染予防に努めてください」と改めて呼びかけた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]